杉内12K&ダル11K!松坂上回る46度目2桁奪三振

[ 2011年7月30日 21:23 ]

日本ハム戦に先発したソフトバンクの杉内

パ・リーグ ソフトバンク3-2日本ハム

(7月30日 ヤフーD)
 ソフトバンクの杉内俊哉投手(30)と日本ハムのダルビッシュ有投手(24)が30日、ともに通算46度目の2桁奪三振をマークし、西武時代の松坂大輔投手(現レッドソックス)が記録した45度を上回った。過去最多は金田正一の103度で、杉内とダルビッシュは歴代5位。

 2人は福岡市のヤフードームで行われたソフトバンク―日本ハム10回戦で投げ合い、杉内は12三振、ダルビッシュは11三振を奪った。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年7月30日のニュース