中山の乱調が…岡田監督「逃げてばっかりじゃ」

[ 2011年7月30日 21:30 ]

パ・リーグ オリックス2-7西武

(7月30日 西武D)
 オリックスは中山の乱調が痛かった。6回を7安打9四死球で今季最多の7失点。7敗目を喫した左腕に、岡田監督は「逃げてばっかりじゃしょうがない。ある程度、抑えてくれないと、次投げさせられへん」と厳しかった。中山は「自分一人でやってしまった」と肩を落とした。

 打線も西口を攻略できず、5回までわずか1安打。1回はいきなり連続四球で無死一、二塁の好機だったが、後続が凡退。指揮官は「先制できひん」と嘆いた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年7月30日のニュース