東洋大姫路 鉄腕エース 再戦で2安打完封 9回は直球一本勝負

[ 2011年7月30日 17:26 ]

第93回全国高校野球選手権兵庫大会決勝 東洋大姫路6―0加古川北

(7月30日 ほっともっと神戸)
 前日に延長十五回を投げきった両校のエースがともに決勝の再試合に先発。東洋大姫路の原は「今までの練習を思い出して、気力と体力には自信があった」と2安打完封で、選抜大会8強の加古川北をねじ伏せた。

 2日間で300球近くを投げ「最後は感覚がなかった」と笑うが、九回は自慢の直球のみできっちり締めた。復帰して半年の藤田監督は、右腕の勇姿に「初めて会った時から、甲子園で投げたら映えると思った。こんなにスタミナがあるとは」と目を細めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年7月30日のニュース