伊良部氏が信頼寄せた牛島氏「他のことでも言ってほしかった」

[ 2011年7月30日 06:00 ]

 伊良部氏がロッテ時代に先輩投手として信頼を寄せていた牛島和彦氏(本紙評論家)は「とても残念だし寂しい。野球の相談はいっぱい受けてきたけど、他のことでも言ってほしかった」と言葉を詰まらせた。

 現役時代から異端児的な扱いを受けてきた伊良部氏だったが、牛島氏にとってはかわいい後輩。「凄くシャイでデリケートな男。誤解されやすかったが、私にはそんなことはなかった。野球に熱く、とことん突き詰めていく。一生懸命に取り組んでいた」と振り返った。

 ▼小宮山悟氏(ロッテ時代の同僚)メジャーに行ってから連絡を取ることは少なかったが、電話があるとひたすら野球の話をする男だった。とても繊細なのに、やや誤解されたイメージで伝えられたのは残念。

 ▼オリックス・岡田監督 びっくりしたよ。(阪神時代は)よく話したよ。野球の話をしたら止まらんかった。

 ▼日本ハム・梨田監督 ルーキーの頃は制球が悪く、平和台球場で近鉄とロッテがブルペンで同時に投球練習を始めると、隣の捕手の方へ投げてきたことがあった。グラウンドで顔を合わせると会釈をしてくれた。人懐っこいところもあった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年7月30日のニュース