ソフトバンク新外国人 カブレラの息子とバッテリーを組んでいた

[ 2011年7月30日 17:24 ]

ソフトバンク入りが決まり、記者会見で関西独立リーグ・神戸のマック鈴木監督(左)と記念写真に納まるエディソン・バリオス投手

 関西独立リーグの神戸からソフトバンク入りが決まった新外国人選手のエディソン・バリオス投手(22)が30日、神戸市内で記者会見を行い、「1軍で投げるのが目標」と抱負を述べた。

 三振が取れるタイプで「先発でも中継ぎでも任せられたところで投げる」と意気込んだ。同じベネズエラ出身でソフトバンクに所属するカブレラの息子とは母国でバッテリーを組んだこともある。右腕は「カブレラの存在は心強い。成績を残したい」と話した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2011年7月30日のニュース