プロ注目の伊藤を温存 帝京が大ピンチしのぎ決勝進出

[ 2011年7月30日 06:00 ]

東東京大会準決勝 帝京5―2成立学園

(7月29日 神宮)
 帝京は辛勝で決勝進出を決めた。

 準々決勝までの6試合は全てコールド勝ちだったが、この日は5―1で迎えた9回に1点を返され、なお1死満塁の大ピンチ。前田三夫監督は最後までプロ注目右腕の伊藤を登板させず、最後は2番手・渡辺が遊ゴロ併殺打で反撃を封じた。「何とか逃げ切った感じ。決勝は9回までやるので、これを生かしてくれれば」と前田監督。2安打1打点と活躍したプロ注目の4番・松本は「挑戦者の気持ちで戦う」と、2年ぶりの夏切符へ力を込めた。

 ▼成立学園・鈴村(9回無死一、二塁から右中間へ適時二塁打を放ち)無我夢中だった。(最後の大井の併殺打は)チームで一番打ってるので、仕方がない。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年7月30日のニュース