山崎 適時打も不満「オーバースイングが出てない」

[ 2011年7月30日 06:00 ]

パ・リーグ 楽天4-0ロッテ

(7月29日 QVC)
 楽天は主砲の山崎が先制点を叩き出した。3回2死二塁から中前適時打。初回2死三塁の先制機で凡退しており「第1打席と同じシチュエーションだったから、最低限の仕事をしようと思った」と反省を生かした。

 右手薬指の剥離骨折から復帰後は6試合で打率・304。ただ、適時打以外は3三振に終わり「安打は出ているが、これでは駄目。いつもの俺のオーバースイングが出ていない」と満足していなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年7月30日のニュース