02年に在籍のレンジャーズ 伊良部氏をしのび試合前に黙とう

[ 2011年7月30日 06:00 ]

ア・リーグ レンジャーズ4―1ツインズ

(7月28日 アーリントン)
 02年に伊良部氏が在籍していたレンジャーズ。ツインズ戦の国歌斉唱前に故人をしのび、黙とうがささげられた。

 建山は「面識はないが、凄い投手だったと思う。信じられない」と驚きの表情だった。02年在籍時に広報と選手の立場だったジョン・ブレーク広報部長は「選手もコーチも、ずいぶん入れ替わって、当時からいたのは(内野手の)マイケル・ヤングくらい。でも、伊良部は思い出深い投手だった」と振り返った。

 ▼元マリナーズ・長谷川滋利氏(本紙評論家。ロサンゼルス近郊に在住)昨秋の日米高校親善野球の時にも偶然、球場で会いましたが、特に思い悩んでいる様子はなかった。残念でなりません。

 ▼関西独立リーグ神戸・マック鈴木監督 伊良部さんは僕がマリナーズの時に、日本人対決で初めて投げ合った相手。何度も食事に行きましたし、いろいろなことを教えていただきました。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年7月30日のニュース