日本人現役大リーガ―もショック 松井「驚いています」

[ 2011年7月30日 06:00 ]

 日本人現役大リーガーも伊良部氏をしのんだ。

 アスレチックス・松井は巨人時代、94~96年の球宴で3年連続で対戦。4打数1安打だったが、95年第2戦(広島)では決勝の右前打でMVPを手にした。「とにかく球が速かった。対戦した印象としては、それがすべて。ちょっと驚いています。ショックです」と話した。また、オリオールズの上原は「伊良部さんといえば、ロッテ時代の清原さんとの対決。何か理由があったのでしょうが、亡くなっては何にもならない。寂しいのひと言」。レッドソックス・松坂はツイッターで「僕がアメリカに来てからはよく気にかけていてくれました。ショックです」とつづった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年7月30日のニュース