×

レスリング・土性 銅に望みつないだ!「メダルは絶対取って帰る」 敗者復活戦で圧勝!

[ 2021年8月3日 11:12 ]

東京五輪第12日 レスリング女子フリースタイル68キロ級敗者復活戦 ( 2021年8月3日    幕張メッセ )

女子レスリング68キロ級の土性沙羅
Photo By スポニチ

 レスリング女子68キロ級の土性沙羅(26=東新住建)が、敗者復活戦で周風(中国)を下し、3位決定戦への進出を決めた。

 土性は前回のリオデジャネイロ五輪の金メダリスト。2日の1回戦では19年世界選手権王者ノストックメンサ(米国)に敗れていたが、気持ちを切り替えて敗者復活戦に挑み、本領発揮の勝利で銅メダルにのぞみをつないだ。

 土性は「やり切ると決めていたので、しっかり自分のレスリングができて良かったです」と安ど。「(1回戦は)金メダルを目指していたので悔しかったんですけど、メダルは絶対取って帰ろうと切り替えた」と前を向いた。次はメダルをかけた戦い。「1回もやったことがない選手だけど、すごくレスリングが上手な選手だと思う。攻める姿勢を崩さずに戦いたい」と意気込んだ。

 3日夜の3位決定戦ではアラ・チェルカソワ(ウクライナ)と対戦する。

 ◆土性 沙羅(どしょう・さら)1994年(平6)10月17日生まれ、三重県松阪市出身の25歳。鎌田中―至学館高―至学館大。吉田沙保里さんの父・栄勝氏が指導する一志ジュニアでレスリングを始める。世界選手権は13、15年が銅メダル、14年が銀メダル、17年が金メダル。16年リオデジャネイロ五輪は初出場で金メダルを獲得した。1メートル59。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年8月3日のニュース