×

「鎌倉殿の13人」爆笑会見 小栗旬が激怒?「オレの大河で何やってんだ!」大泉洋&小池栄子“コント”に

[ 2021年12月17日 13:45 ]

来年の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」のオンライン会見に出席した(左から)菅田将暉、新垣結衣、小栗旬、大泉洋、小池栄子(C)NHK
Photo By 提供写真

 俳優の大泉洋(48)が17日、来年のNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(1月9日スタート、日曜後8・00)のオンライン会見に出席。源頼朝役の大泉と北条政子役の小池栄子(41)による初回のコミカルなシーンに、主演の小栗旬(38)が激怒(?)したと明かした。

 ヒットメーカーの三谷幸喜氏(60)が脚本を手掛ける大河ドラマ61作目。主人公は鎌倉幕府2代執権・北条義時。源頼朝にすべてを学び、武士の世を盤石にした男。野心とは無縁だった若者は、いかにして武士の頂点に上り詰めたのか。新都・鎌倉を舞台に繰り広げられるパワーゲームを描く。三谷氏は2004年「新選組!」、16年「真田丸」に続く6年ぶり3作目の大河脚本、小栗は大河初主演に挑む。

 冒頭約20分は小栗、新垣結衣(33)菅田将暉(28)小池、大泉によるトークセッション(座談会)。その後、質疑応答が行われた。

 初回の見どころについて、新垣が「政子さんの“しなり”ですかね」と政子が頼朝にゾッコンになる場面をチョイス。大泉は「小栗旬が楽屋から飛び出してきて『オレの大河で何やってんだ!』って怒ったというね。延々と2人のコントになりましたね」、小池は「コントみたいなシーンだよね。『汚してくれるな』ってね」と明かし、笑いを誘った。

 今年6月のクランクインから半年。チームワーク、コンビネーションの良さが如実に表れる約45分の爆笑会見となった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2021年12月17日のニュース