×

仁支川峰子 かつて交際の火野正平についてぶっ込まれるも斬り返す「実際はそんなに細くない」

[ 2021年12月17日 21:43 ]

女優の仁支川峰子
Photo By スポニチ

 女優の仁支川峰子(63)が17日放送のテレビ朝日系「マツコ&有吉かりそめ天国 3時間SP」に出演し、かつて交際していた俳優・火野正平(72)について「実際はそんなに細くない」と明かした。

 ロケで一緒だったお笑いコンビ「アルコ&ピース」の平子祐希(43)とスタジオに登場した仁支川は、マツコ・デラックス(49)から平子について「私、ちょっと男として好きなんですよ。そういうエロスみたいなの感じませんか?」と聞かれると「まったく感じない」とバッサリ。同局の久保田直子アナウンサー(40)も「ムッチムチの胸板」が好きと語るものの、「私は何も感じない。私はあまりキン肉マンみたいな人は好きじゃない」と語った。

 そこに有吉弘行(47)が「火野正平さんみたいなタイプがいいんですよね」とぶち込んだ「正平ちゃんはへらへらっぽいよね。確かに細い感じがするけど、実際はそんなに細くないよ」と、きっちり受け返し「筋肉が山盛りあるわけじゃない。むっちりでもなかった。私と付き合っている頃は」と言うと、有吉も「やめて下さいよ。もう…」と笑うしかなかった。それでも仁支川は「いいのよ昔のことだから。全然正平ちゃんは何ともないから」と言い放っていた。

 仁支川は、これまでにも23歳の時、元祖プレイボーイ・火野の“7番目の愛人”として週刊誌に掲載された。後に“8番目の愛人”の存在が明らかになると愛想を尽かして別れることにしたと話していた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2021年12月17日のニュース