×

鈴木愛理 日本武道館で約2年ぶりの単独ライブで涙 「やっぱり私は歌うことが大好き」

[ 2021年10月13日 21:41 ]

日本武道館でのライブを行った鈴木愛理 (撮影・小田切 葉月)
Photo By スポニチ

 歌手の鈴木愛理(27)が13日、東京・日本武道館で2年ぶりとなる単独ライブ「鈴木愛理 LIVE 2021~26/27~」を開催した。会場には約5000人のファンが詰めかけ、シンガー・ソングライターの鈴木雅之(65)とのコラボ曲でアニメ「かぐや様は告らせたい?~天才たちの恋愛頭脳戦~」のオープニング曲「DADDY!DADDY!DO!」など全24曲を披露。「やっと今日、皆さんと音楽で一つになれると思うと楽しみです!」と笑顔で呼び掛けた。

 2018年6月にソロデビューを果たし、同年7月に初単独ライブを日本武道館で行った鈴木。「ステージに立つ以上、自信がないって言うのは失礼。そんな私でも、当時は自信がありませんでした」。伸びのある安定した力強い歌声に定評があるが、「個性ないのかな。もっと色んな引き出しを見せたい!と思ってました」と当時の思いを吐露した。

 この日、再び同じ舞台に立ったが「あの時とは感情が違う。私がステージに立つことで、みんなを笑顔に!そんな思いです」とはち切れんばかりのスマイル。ソロデビュー3周年を迎え、うち2年はコロナ禍により思うような活動はできなかったが、「やっぱり私は歌うことが大好き。私がいることで、今日より明日が楽しい!とみんなに思ってもらえるような存在でありたいです」と涙ながらに語った。

 ライブゲストには、東京パラリンピックの閉会式にも登場したガールズブラスユニット「MOS」が登場。来年にはアルバム(時期未定)も発売されることが発表され、会場は大盛り上がりとなった。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2021年10月13日のニュース