「スター・トレック」カーク船長が最高齢宇宙飛行、90歳 無事帰還「感動的だった」

[ 2021年10月14日 00:11 ]

打ち上げのため宇宙船に向かう俳優ウィリアム・シャトナー(中央)ら=13日、米南部テキサス州(ブルーオリジン提供、ロイター)

 米宇宙企業ブルーオリジンは13日午前、米南部テキサス州の施設から独自開発の宇宙船「ニューシェパード」を打ち上げた。乗客は人気SFシリーズ「スター・トレック」でカーク船長を演じた俳優ウィリアム・シャトナー(90)ら4人。カプセルは高度100キロ超の宇宙空間に到達し、パラシュートで地上に帰還。約10分間の飛行は成功した。シャトナーは82歳だった最高齢記録を塗り替えた。

 シャトナーは着陸後、出迎えたブルーオリジン創設者で米インターネット通販大手アマゾン・コム創業者のジェフ・ベゾス氏と抱き合い「感動的だった」と感極まった表情で話した。

 ブルーオリジンの飛行は2回目。7月、ベゾス氏ら4人を乗せた初の宇宙飛行に成功していた。

 宇宙船の打ち上げは、当初の予定から約1時間遅れ。数分で宇宙空間に到達するとカプセルを切り離したロケット部分は先に地上に戻り、カプセルは打ち上げから約10分後、パラシュートで着地した。

 他の乗客は同社副社長で有人飛行計画を率いてきたオードリー・パワーズ氏、元米航空宇宙局(NASA)の科学者で宇宙関連企業の創業者クリス・ボシュイゼン氏、医療関連企業の創業者グレン・デブリース氏。料金は明らかにされていないが、AP通信によると、シャトナーはスター・トレックの熱烈なファンであるベゾス氏が無料で招待した。

 宇宙船は、米国初の宇宙飛行に成功した故アラン・シェパード氏にちなんで名付けられた。完全自動操縦でロケットや最大6人乗りのカプセルは繰り返し利用できる。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年10月13日のニュース