木村拓哉の“神対応”に感激 初共演の物まねタレント・ホリ「泣きそうに」 V6イノッチも“名解説”

[ 2021年9月26日 21:27 ]

ものまねタレントのホリ
Photo By スポニチ

 物まねタレントのホリ(44)が、26日に放送されたTBSの「メイちゃんとアンちゃん キラキラ人生の明暗比較」(日曜後3・30)に出演。今年初めて、木村拓哉(48)との共演が実現し、その際の“神対応”ぶりを喜んだ。

 番組では、各業界で日の当たる人、当たらない人を比較などして紹介。その中で芸歴22年、物まねのレパートリーは100種類以上というホリが、「木村拓哉さんの番組からオファーをもらって、吐きそうなぐらい緊張した」と共演を振り返り、その番組内でスタッフが木村に「感想」を求めた場面で、木村が「(物まねを)やってくださって」「物まねをされて、初めて(芸能人として)認めて頂けた。すごいうれしかった」などと、好意的にとらえていることを感謝した。

 ホリは「ちょ、待てよ」などの木村のフレーズを特徴的に真似しているが、「会わないものだと思ってやってきたんです。会えない、いない、架空の人だと思わないと、ちょっとやれない。特に木村さんの場合、そういう感じてやってきたので」と説明し、対面した際の好意的な感想に「優しく包み込んでくれて。泣きそうになりました」と本音を明かした。

 MCでアイドルグループ「V6」の井ノ原快彦(45)は、そのVTRを見て「めちゃくちゃ、喜んでいた」と木村の反応にビックリしつつ、その存在について“名解説”。「僕はずっとバックで(ジャニーズジュニアで)踊っていたから。一度はみんな、木村くんに絶対憧れるんです。でも、あ、俺違うかもと途中で思って、中居くんの背中を見るんです」と、ジョークもまじえつつ本音を語ると、共演者も爆笑。さらに井ノ原は「ホリさんはあんまり似てないんじゃないかと思っていたが、20年見ていると、最近は木村くんを見ているようで。もしかしたら、木村くんがホリさんに寄せているんじゃないかな」と物まねのレベルを絶賛し、ホリは「そんな、ねじれ現象あります?」と驚きながらも喜んでいた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年9月26日のニュース