かまいたち山内「めっちゃ金払って…」 無駄遣いエピ告白「フェイクの中でも質の悪いのを」

[ 2021年9月23日 18:51 ]

お笑いコンビ「かまいたち」の山内健司
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「かまいたち」の山内健司(40)が23日、ユーチューブ「かまいたちチャンネル」に動画を投稿し、無駄遣いにまつわるエピソードを明かした。

 「かまいたち山内がお金の無駄遣いしてしまった過去を全て話します!」のタイトル。4年ほど前、ファッションにハマっていた山内は「とにかくレアなものが欲しい」と思っていたそう。ネットで「シュプリームとジョーダンがコラボしたシリーズ、それのキャップ」を見つけ、購入したという。定価「5、6千円」のキャップだったが、「メッチャ人気で当時、3万円くらいで買ったのよ」。購入前に本物かどうか尋ねたが、当然「もちろん本物ですって返ってきて」と振り返った。

 キャップが届き、早速着用した山内だったが、「かぶった感じなんか軽いな」と感じた。そのためネットでリサーチ。「シュプリーム・ジョーダンのニセモノの特徴、(ロゴの)Mの角度が急ですって書いてあった。俺のキャップのMギューッって(角度が急で)メチャメチャニセモノで。ウソやんって思って、俺めっちゃ金払って…」と、こぼした。

 「フェイクの中でも質の悪い、急角度中の急角度買っているやんって」と続け、相方の濱家隆一(36)を笑わせた山内。その出来事をきっかけに「買う前に、ちゃんとフェイクがどういう種類があるのか勉強して、専門のお店をしている人に聞いたりして買うようにしている」と告白した。それでも、キャップについてはかなり悔しかった様子。「それつかまされた時の無駄な買い物しちゃったな感は半端なかったです」とボヤいていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年9月23日のニュース