中谷美紀 夫の反応は… 国際結婚で夫婦別姓を選択した理由「名前を守りたい」

[ 2021年9月23日 13:34 ]

中谷美紀
Photo By スポニチ

 女優の中谷美紀(45)が22日放送のフジテレビ「TOKIOカケル」(水曜後11・00)に出演。夫婦別姓を選択した理由を明かす場面があった。

 中谷は2018年にウィーン・フィルハーモニー管弦楽団を始め、数多くの世界的な楽団で活躍するドイツ出身のビオラ奏者の夫、ティロ・フェヒナー氏(52)と国際結婚をした。

 “エンジェルちゃん”として出演した、今年4月に6歳年下の一般男性と結婚したお笑いコンビ「フォーリンラブ」のバービー(37)が「私は式は挙げなかったんですけど、写真だけは撮って。それで満足して私たちなりの結婚式っていう形にしたんです」としたうえで、国際結婚した中谷の結婚式について質問した。

 中谷は「(仕事でも着る機会が多く)ウェディングドレスとか白無垢に対するあこがれがなくなっちゃいますよね。なので、結婚式挙げていないんです」と告白。「お友だちもあちらこちらに散らばっているので、全員集めようと思ったらとんでもないことになる。飛行機代もかかる」とその理由を明かした。

 さらに「夫婦別姓なので、いわゆる結婚した方の憧れの結婚式像が欠落してるんですかね」と苦笑。夫婦別姓を選択した理由については「(結婚して名前が)長くなったりするのはちゃんと名前を変えた方」だとしたうえで「私、日本人でカタカナの名前が付くのが自分ではどうもしっくりこなかった。名前を守りたいなと思ったので、外国人配偶者の特例で夫婦別姓を選べたので、選んじゃおうって思いました」と茶目っ気たっぷりに告白。夫の反応も「まったく何も問題なかったです」と明かした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年9月23日のニュース