おのののか「可愛いよと夫は」 減量への賛否に「私は大満足」

[ 2020年11月27日 11:30 ]

おのののか
Photo By スポニチ

 タレント・おのののか(28)が26日、自身のインスタグラムを更新。減量したことで寄せられたさまざまな意見に対し、思いを記した。

 9月に2016年リオデジャネイロ競泳男子五輪代表の塩浦慎理(29、イトマン東進)と結婚したおの。今月22日の投稿では挙式の様子を公開し、25日には結婚に向けて2カ月で6・5キロのダイエットをしていたことを明かしつつ「顔の雰囲気も変わって、、お肉で埋もれてた鼻もでてきて、整形した?なんて言われたりもしました」とつづっていた。

 この日は「ほんっっとうに色んな意見がありますね」と書き出し、「前はテレビに出ると顔パンパンとか太ったとか痩せたら痩せたで前のが良かったとか」と寄せられている声を紹介。そのうで「でも結局は自分がどうありたいかだなって改めて思いました」とし、「着たい服も着られるようになったし、笑ってもそこまで二重顎にならないし、、(笑うと二重顎は丸顔の永遠の悩みなのです)なにより自分のことが好きになれました」と記した。

 さらに、今回の減量は栄養士に管理してもらったため「体調など一切崩さず、逆にお肌も心も綺麗になったので大丈夫です」とも。

 “丸顔のほうが良かった!”といった意見もあるというが「今でも角度によっては十分丸いし可愛いよと夫は言ってくれるので私は大満足なのです」と書き込んだ。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年11月27日のニュース