宮崎謙介氏 2度目の不倫報道受け謝罪 妻・金子恵美氏に「誠心誠意謝ったが、非常に怒られました」

[ 2020年11月27日 21:12 ]

宮崎謙介氏
Photo By 提供写真

 元衆院議員の宮崎謙介氏(39)が27日、金曜MCを務めるTOKYO MXの情報番組「バラいろダンディ」(月~金曜後9・00)に生出演し、この日「文春オンライン」で報じられた30代女性との不倫問題を受けて「お騒がせしまして申し訳ございません」と謝罪した。

 妻の金子恵美氏(42)には前日に「誠心誠意謝った」が「さすがに2回目ですので、あきれている気持ちが強いと。非常に怒られました」という。「妻も私が男女問わずいろいろな方の悩み相談に乗っていることをよく知っている」としたうえで、「今回のようなことは何が問題かというと、『あなたの軽はずみなコミュニケーションが災いだった。弱っている方や元気ない方を励ますことも、あなたの度が過ぎたコミュニケーション能力のなさが問題』だということをかなりキツく言われました」と金子氏の言葉を明かした宮崎氏。今後は「襟を正してやっていきたい」と神妙な表情を見せた。

 文春オンラインでは、相手の女性との間に1500回を超えるLINEのやり取りがあったと報じているが、宮崎氏は「(やり取りは)6月ぐらいからで時間も長かったということもあって。励ますという要素が私の中ですごく強くて」と説明した。

 宮崎氏は自民党衆院議員だった15年末、同じく衆院議員だった金子氏の第1子妊娠を機に男性議員として初めて育休取得すると宣言。しかし翌年に元グラビアアイドルとの不倫が報じられ、金子氏が第1子を妊娠中だったことから“ゲス不倫”と大きな話題を呼んだ。問題を受けて宮崎氏は議員を辞職したが、離婚には至らず関係を修復。その後は長男の子育ての傍ら、実業家、コメンテーターとして活躍している。今年、俳優・東出昌大(32)の不倫問題が発覚した際には、雑誌で東出への「手紙」を公開、「私だけは貴方の応援者」とエールを送って話題となった。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年11月27日のニュース