チーム康光VSチーム渡辺が新春に激突 渡辺王将「今度は勝って終われるよう頑張る」

[ 2020年11月27日 14:50 ]

第3回AbemaTVトーナメントのスピンオフ企画で激突する渡辺明王将(左)と佐藤康光九段
Photo By 提供写真

 インターネット放送のABEMAは27日、将棋の早指し王を決定するオリジナル対局番組「第3回AbemaTVトーナメント」のスピンオフ企画、「第3回AbemaTVトーナメント スピンオフ所司一門VSレジェンド」を2021年1月1日午後6時から配信することを発表した。

 新春特別企画として放送されるこの番組は、“チーム康光・レジェンド”(佐藤康光九段、谷川浩司九段、森内俊之九段)と、「第3回AbemaTVトーナメント」決戦でチーム永瀬に敗れた“チーム渡辺・所司一門”(渡辺明王将=名人、棋王との3冠=、近藤誠也七段、石井健太郎六段)が再び結集し、チーム戦で激突する。

 佐藤九段は「この度“チームレジェンド”として再び対局させていただけることになりました。新春早々になりますが、チームとして一致団結し全力を尽くします。ご声援の程よろしくお願いいたします」とコメント。渡辺王将は「スピンオフ番組に“所司一門チーム”で出場できることを大変うれしく思っています。(第3回AbemaTVトーナメントの)決勝戦は1勝も出来ずに残念だったので、今度は勝って終われるように頑張ろうと意気込んでいます。ぜひ、ご視聴下さい!」と呼びかけた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年11月27日のニュース