二木芳人教授 コロナ重症者最多更新に「今も政府から強いメッセージが出ないので」

[ 2020年11月27日 09:18 ]

フジテレビ社屋
Photo By スポニチ

 昭和大の二木芳人客員教授(感染症学)が27日、フジテレビ「とくダネ!」(月~金曜前8・00)に出演。国内で26日に、新たに2504人の新型コロナウイルス感染者が確認され、重症者は410人で、25日に続いて最多を更新したことについてコメントした。

 1日当たりの新たな感染者が2500人を超えたのは過去最多を記録した21日以来。死者は29人で、最多となった5月2日の31人に次ぐ水準となった。

 二木氏は「1波、2波とはバックグラウンドが違う。1つは人の心。GoToキャンペーンなどが打たれて、コロナ疲れもあって人々の気持ちが少し緩んで油断が出ている。今も政府から強いメッセージが出ないので、もう1つきちっと締めきれていない。夜の街辺りを見てもそういうところがある。ですから1波、2波の時は国民の努力で波を抑えられた部分も大きい。今回はそこまで至るのに少し時間がかかりそう」と指摘。そして「もう1つは冬の季節の到来。こうしたマイナス要素が多いので今回の第3波というのは覚悟して取り組んでいかないといけない」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年11月27日のニュース