遊タイムや確変後の時短回数UPにりんか隊長も安心

[ 2020年11月27日 05:30 ]

りんか隊長は「P大海物語4スペシャル」を堪能しポーズを決める
Photo By スポニチ

 こんにちは!りんか隊長です。現在も設置台数の多い人気機種に新スペックが登場!今回はもっとシンプルで遊びやすくなった「P大海物語4スペシャル」を紹介します。

 本機は通常時の大当たり確率が約1/319・6のミドルタイプ。確変突入率は52%で、確変中の大当たり確率は約1/39・7となっております。既存の機種と大きく異なるのは、遊タイムが搭載されているところ。低確状態を950回転消化すると、時短350回転へ突入します。液晶上に回転数の表示があり、遊タイムが近くなるとカウントダウンが発生するので、見逃す心配もなく安心です!
 大当りラウンドが全て10Rとなっている点にも注目。2R確変がなくなり、当たれば全て約1400個獲得できるのは嬉しいですね。通常大当たりの時短回数にも変化があり、通常時に引いた場合は従来通り100回転なのですが、確変中に引いた場合はいつもより多い120回転の時短がもらえます!連チャンを重ねるきっかけにもなるのでうれしい変更ですね。
 演出面は従来機を踏襲しているのですが、メーンとなる「パールフラッシュ」役モノはさらに大きくなり存在感アップ。大当たりの喜びを表現するのにぴったりの変更です。すっかり浸透した、演出を自分好みにできる「My海カスタム」も健在ですよ!
 昔から海物語を打っているユーザーさんからすれば、突然確変や2R確変がなくなったのは、シリーズ当初のスペックに似ていて懐かしさを感じるかと思います。それでいて、遊タイムや確変後の時短回数アップなどのメリットも追加され、安心して遊べる!それが本機のウリと言えるでしょう。
 最近は初回の出玉が少なく、その後の爆発に期待!ってスペックが多いイメージですが、図柄がそろえば1箱もらえる安心感のある海シリーズは、ホールになくてはならない存在。12月7日から全国導入開始となりますので、お近くのホール情報をチェックしてみてください!

 ◇りんか隊長(りんかたいちょう)パチンコ・パチスロライターとして、雑誌・テレビなどで活躍。秋葉原のメイドカフェでメイドとしても活動している。好きなパチンコ・パチスロはアニメ・特撮系。サイトセブンTV「双極銀玉武闘 PAIR PACHINKO BATTLE」に出演しているほか、パチマガ誌面で「あっと☆ぱちdays2」を連載中。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年11月27日のニュース