高嶋ちさ子 ブランド物スーツケース盗難に夫がまさかの反応「自分がアホらしかった」

[ 2020年11月27日 19:29 ]

高嶋ちさ子
Photo By スポニチ

 バイオリニストでタレントの高嶋ちさ子(52)が、27日放送のテレビ朝日系「ザワつく!金曜日」(金曜後6・45)に出演し、スーツケースにまつわる苦い思い出を明かした。

 番組ではスーツケースの製造過程をクイズ形式で紹介した。コンサートツアーで全国を飛び回ることが多い高嶋は、大中小合わせて30個以上のスーツケースを所有していることを告白。「9月にツアーが始まる時は、8月末くらいに自分のお気に入りの新しいスーツケースを買ってツアーに臨む」と明かした。

 ある時、高級ブランド・プラダのスーツケースを購入。「名前やブランドって分かるものを買うな」という夫の反対を押し切って買ったという。ところが、それが災いしたのか、「逆らって『プラダ』ってカタカナくらいの勢いで書いてあるのを買ったら、新幹線の中で盗まれた」という。

 盗まれた日はちょうど節分。「『実はスーツケースを盗まれて』って旦那に言ったら、『節分でオニがいないから早く帰ってきて』って言われた」そうで、「かわいそうだとか、一瞬でも思ってもらおうと思った自分がアホらしかった」と苦笑いした。

 元プロ野球選手のタレント長嶋一茂(54)が「ちさ子ちゃんがショックを受けたと思ったから、論点を変えて『早く帰って来なさいよ』っていう意味じゃないの?」と夫の心理を推測したものの、高嶋は「うちの人は、私の不幸とか弱っているのを見るのが何よりも好きなの。『気の毒に…プッ』みたいな」と明かし、笑わせていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年11月27日のニュース