土田晃之 鬼滅の刃は「いつからフジテレビのものになったんだ?」

[ 2020年10月19日 12:34 ]

土田晃之
Photo By スポニチ

 お笑いタレント土田晃之(48)が18日、パーソナリティを務めるニッポン放送「土田晃之 日曜のへそ」(日曜正午)に生出演。爆発的人気を誇るアニメ「鬼滅の刃」について「いつからフジテレビのものになったんだ?」とコメントした。

 劇場版「鬼滅の刃 無限列車編」の公開を記念し、フジテレビでは10、17日の2週連続で放送。地上波の全国ネットのゴールデン・プライム帯(GP帯、午後7時~同11時)で初のオンエアとなった10日の第一夜「兄妹の絆」(きょうだいのきずな)、アニメ第15話~第21話で構成され17日の第二夜は、共に好視聴率をマークした。

 冒頭「世間の皆さんは、こう思っているんじゃないでしょうか」と切り出し「鬼滅の刃は、いつからフジテレビのものになったんだ?と。あ、思ってないかな」とジョーク。「すごいですよね、2週に分けて放送して。来週の土曜日もね、昼間やるのよ。まぁ、それは全部録画してるんだけどね」と続けた。

 鬼滅の刃は「元々、MXテレビでやっていた」と言い「MXテレビが別に制作してたわけじゃないけど、MXテレビって色んなアニメーション流してて。そこから良いやつ、大体よそに持っていかれるんだよね」と土田。

 「フジテレビが鬼滅の刃、まだいい方ですよ。NHKは進撃の巨人もね。知らない間にNHKのものみたいになってるし。一番ひどいのは、テレビ東京が作ったエヴァンゲリオンもNHKに持っていかれてるからね。『神話になれ』の時、『テレビ東京』って書いてあるのに、NHKで放送してるからね」と笑わせていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年10月19日のニュース