マツコ 憧れの“わんこそば”語るも一人には抵抗「やっている人を見たら、つらくない?」

[ 2020年10月19日 19:40 ]

マツコ・デラックス
Photo By スポニチ

 タレントのマツコ・デラックス(47)が19日、月曜コメンテーターを務めるTOKYO MX「5時に夢中!」(月~金曜後5・00)にリモート出演し、「わんこそば」への熱い思いを語る一幕があった。

 番組では、「一度は食べてみたいご当地麺」のアンケート調査に注目。ランキング1位に輝いた岩手県名物「わんこそば」について、マツコは「わんこそば憧れるよね…」としみじみ。「いつわんこそばを食べるロケが入るか?と楽しみにしてたんだけど。もう最近、地方にロケは行かないし。一人旅したときとか仕事で行ったときに、一人でわんこそばできないじゃん」となげいた。

 「もちろん盛岡に行ったことはあるし、普通におそばは食べたし、盛岡冷麺とかはいただいたけど。わんこそばやりたいわ~」と熱弁したマツコに、MCのお笑いタレントふかわりょう(46)は“一人わんこ”に抵抗がある理由を質問。

 マツコが「だってどう?一人でわんこそばをやっている人を見たら、つらくない?」と私見を述べると、かつて仕事でわんこそばを経験したフリーアナウンサーの大橋未歩(43)も同調し、周りは団体客ばかりで一人で食べている人は見かけなかったと証言した。

 同じく、月曜レギュラーの投資家でタレント若林史江(42)も、わんこそば経験者だが、岩手ではなく横浜の東白楽にあるそば店で食べたという。これにマツコは「ちょっとやだ。私、長い付き合いだけど、初めてあんたをうらやましいと思った。いいなあ」と吐露。「わんこそばどうしよう。私どうしよう。東白楽に行こうかな…」と心を揺らしていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年10月19日のニュース