“櫻エイト”とは? 櫻坂46として新体制を発表、1枚目センターは森田ひかる

[ 2020年10月19日 13:42 ]

櫻坂46の森田ひかる
Photo By スポニチ

 「欅坂46」から改名した女性アイドルグループ「櫻坂46」の冠番組、テレビ東京「そこ曲がったら、櫻坂?」(日曜深夜0・35)が、18日深夜にスタート。グループとしての新体制が発表された。

 改名に伴い、欅坂時代の冠番組、同局「欅って、書けない?」は11日深夜に最終回を迎えていた。そして、この日、番組タイトルを変えて新たに再出発。番組MCは引き続き、お笑いタレントの土田晃之(48)と、ハライチの澤部佑(34)が務める。

 初回の放送では、櫻坂としての1stシングル表題曲のフォーメーションを発表。表題曲へ参加するメンバーは14人で、1列目に3人、2列目に5人、3列目に6人という配置。1stシングルのカップリングとして収録される6曲も表題曲と同様に14人体制で、計7曲全てでメンバーを入れ替えてパフォーマンスする。

 さらに、新体制として、1列目と2列目の8人については「櫻エイト」と称し、カップリングも含めてすべての楽曲に参加。3列目の6人は曲によってメンバーが入れ替わることも伝えられた。今回の表題曲は森田ひかる(19)がセンター。“櫻エイト”には1列目の小林由依(20)、渡邉理佐(22)、2列目の菅井友香(24)、田村保乃(21)、藤吉夏鈴(19)、山崎天(15)、小池美波(21)が入った。3列目を武元唯衣(18)、土生瑞穂(23)、大園玲(20)、尾関梨香(23)、守屋茜(22)、松田里奈(21)が務める。

 欅坂46は13日夜、無観客の生配信ライブを行い、結成から5年間の活動に幕を下ろした。14日からは「櫻坂46」としての活動を開始。12月9日には初シングル曲「Nobody’s fault」を発売する。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年10月19日のニュース