菅井友香 “櫻坂”としてブログ初投稿「痛みを共有した」絆つづる 「ひらがなけやき」にも感謝

[ 2020年10月15日 13:13 ]

櫻坂46の菅井友香
Photo By スポニチ

 女性アイドルグループ「櫻坂46」の菅井友香(24)が15日、グループの公式サイトでブログを更新。「欅坂46」から改名後初となる投稿で思いを書き込んだ。

 「謙虚・優しさ・絆」のタイトルで、「改めまして櫻坂46の菅井友香です」とあいさつ。12、13日で行われた欅坂としてのラストライブを振り返り「改名することを自分の中で受け入れていたけれど、ライブが始まると曲と共に沢山の思い出が蘇ってきて…思いが込上げる瞬間が沢山沢山ありました」と打ち明け、「今までで1番ハードなライブだったなと思いますが、ありったけの感謝をパフォーマンスに込めたいと全身全霊で挑みました!」と伝えた。

 さらに、欅坂の妹分グループとして「けやき坂46」(愛称・ひらがなけやき)の名称で活動し、昨年に改名してデビューした「日向坂46」にも言及。「今の日向坂46である、ひらがなけやきの皆との日々も懐かしいです。ひらがなけやきの皆に助けてもらった事も沢山ありますし、彼女たちの存在があったから欅坂46はここまで活動を続けて来られたんだと思います。色々なことを教えてくれた彼女たちを尊敬しているし本当に感謝しています!!」とつづった。

 続けて、櫻坂メンバーとの絆を「痛みを共有した仲間と強く結ばれています!これまでの涙を決して無駄にはしません!」と表現。「櫻坂46ではこれまでの謙虚・優しさ・絆を胸に素敵な花を咲かせ、沢山の恩返しをしていきたいです」と決意を新たに記した。

 欅坂46は13日夜、無観客の生配信ライブを行い、結成から5年間の活動に幕を下ろした。14日からは「櫻坂46」としての活動を開始。12月9日には初シングル曲「Nobody’s fault」を発売する。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年10月15日のニュース