今泉佑唯 活動休止 コロナ回復後も体調不良続く 出演発表したドラマ降板

[ 2020年10月16日 00:45 ]

芸能活動を休止することが分かった今泉佑唯
Photo By スポニチ

 女優の今泉佑唯(22)が体調不良のため活動を休止することが15日、分かった。8月11日に新型コロナウイルス陽性が判明して3週間ほど休養、9月3日にラジオ番組の出演で活動を再開させたばかりだった。

 知人によると、コロナ回復後も体調を崩すことが多くなっていたという。原因は不明といい、関係者は「休養の期間は決めずに体調回復を優先させたい」としている。今泉はアイドルグループ「欅坂46」に在籍中の17年にも体調不良で活動を一時休止し、休養したことがあった。

 主要キャストとして出演が発表されていたHuluドラマ「マイルノビッチ」(来年初春配信予定)は降板した。桜井日奈子(23)演じる主人公の女子高生を敵対視する同級生役。数シーンの撮影を終えているが、テレビ関係者によると、代役を立てて撮り直すという。今泉はほかのドラマにもメインキャストとしてキャスティングされていたが、こちらも降板した。

 今泉は、14日に「櫻坂46」と改名して再始動した欅坂46の1期生。16年4月のデビュー時から主要メンバーとして活躍し、18年11月にグループを卒業。19年3月に卒業後初仕事として故つかこうへいさんの名作舞台「熱海殺人事件 LAST GENERATION 46」で本格的な女優デビューを飾った。

 今年3月も、コロナ禍で一部が中止になったものの、舞台「あずみ~戦国編~」に主演。映画版では上戸彩(35)が、舞台版では黒木メイサ(32)、川栄李奈(25)が演じてきた大役を演じ、女優として順調にキャリアを重ねていた。1月には下着ブランド「PEACH JOHN」の若年層向けブランドのイメージモデルにも就任。セクシーな下着ショットを披露するなど、アイドル時代とは一線を画し、活躍の場を広げていた。

 ◆今泉 佑唯(いまいずみ・ゆい)1998年(平10)9月30日生まれ、神奈川県出身の22歳。15年8月、欅坂46の1期生オーディションに合格。16年4月、シングル「サイレントマジョリティー」でデビュー。卒業後は19年放送のテレビ東京「ミリオンジョー」や、今年7~9月放送のテレビ朝日「真夏の少年~19452020」などのドラマにも出演。7月にはauじぶん銀行の初代イメージキャラクターに就任。血液型O。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年10月15日のニュース