相席スタート・山崎ケイ結婚 ナイツ&箕輪祝福も早々にネタ尽き「もう終わりじゃん」

[ 2020年10月15日 14:17 ]

お笑いコンビ「ナイツ」の塙宣之(左)と土屋伸之
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「ナイツ」が15日、パーソナリティーを務めるニッポン放送「ナイツ ザ・ラジオショー」(月~木曜後1・00)に生出演し、「相席スタート」山崎ケイ(38)の結婚を祝福した。

 同番組の火曜パートナーを務めている山崎は、14日にコンビのYouTubeチャンネルで落語家・立川談洲(だんす、33)と結婚したことを発表した。土屋伸之(41)は「昨日の夜、発表していましたけど、ご結婚ですよ。『相席スタート』の山崎ケイちゃん、火曜パートナーの。おめでとうございます」と祝福の言葉を贈った。

 相手の談洲は元よしもと芸人。よしもと所属の木曜パートナー、「ハリセンボン」箕輪はるか(40)が相手について聞かれると、「私は知らなくて。(山崎の)後輩みたいで。すごい男前の方ですね」とコメントした。箕輪は山崎と同じ早大出身で、在籍年も近いが、「早稲田みたいなんですけど、全然会ったことないんですね、学校では」と、こちらもそっけない返答だった。

 番組の打ち合わせでは、山崎の結婚の話題でオープニングを盛り上げる予定だったという。ところが、ネタは早々に尽きてしまい、塙宣之(42)は「ちょっと待ってよ。『談洲さんを知ってる』、『早稲田で知ってる』で20分の予定だったのに。はるかちゃん、もう終わりじゃん、5分で」とツッコミを入れた。

 一方の「ナイツ」は、17年に出演した談洲の師匠・立川談笑(55)の新春寄席の打ち上げで、当時弟子入り前の談洲と会ったという。当時は一門の席ではなく、談洲は末席で私服姿。塙は談笑から「まだ弟子にしてなくて、弟子の見習いだから、気にしなくていいですよ。何カ月か様子を見て、良かったら弟子にしようと思う」と説明されたことを振り返った。

 談洲は通常4年ほどかかる二つ目に、3年足らずで昇進。塙は「早いですよね?普通4年なんですよ。落語芸術協会では4年なんですけど、立川流だから、たぶん師匠が『いいよ』って言ったら二つ目になる」と早い昇進に驚いていた。二つ目になると結婚やSNSの発信などが解禁されるのが通例で、塙は「談洲さんも二つ目になって、ケイちゃんと結婚するみたいなことらしいですよ」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年10月15日のニュース