「ひよ子」は頭から?お尻から?Cocomi「マジかぁー」の食べ方披露

[ 2020年10月15日 18:39 ]

Cocomi公式インスタグラム(cocomi_553_official)より

 俳優の木村拓哉(47)と歌手の工藤静香(50)の長女・Cocomi(ココミ、19)が11日、自身のインスタグラムを更新し、「名菓ひよ子」の食べ方を披露した。

 Cocomiは、「ひよ子を妹が買ってきてくれました!甘い物が大好きです」とつづり、妹のKoki,(コウキ、17)が買ってきたという「ひよ子」を手にほほ笑む写真を投稿。だが、その後「私は頭から食べる派です」として、頭からかじられた「ひよ子」の姿も投稿。「マジかぁー」という「ひよ子」の気持ち?も書き添えている。

 「名菓ひよ子」は、ひよこ本舗吉野堂のヒヨコの形をしたお菓子で、1912年に福岡の筑豊飯塚で誕生。その後福岡、東京に進出。たい焼きとともに、“頭とお尻、どちらから食べるか”論議が起きているが、Cocomiは「頭から」のスタンスを示した。

 また、「鬼滅の刃」好きとあり、「遂に明日、鬼滅の刃の公開日ですね、、、ワクワク」と「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」の公開も楽しみにしているようだった。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年10月15日のニュース