加藤浩次 生放送「スッキリ」欠席 12日から肺炎の疑いで入院

[ 2020年10月15日 08:09 ]

肺炎の疑いで入院した極楽とんぼ・加藤
Photo By スポニチ

 肺炎の疑いで12日から入院している「極楽とんぼ」の加藤浩次(51)が15日、司会を務める日本テレビ「スッキリ」(月~金曜前8・00)の生放送を欠席した。

 番組冒頭、同局の水卜麻美アナウンサー(33)が「今日も加藤さんはお休みです」と報告した。

 加藤は9日に体調不良のため、同番組の生放送を欠席。PCR検査を受け、11日に新型コロナウイルス陰性と判定された。所属事務所によると、その後も微熱や関節炎、食欲不振や倦怠(けんたい)感が治まらず、12日に再度PCR検査を受診したという。2度目の検査結果も陰性だったが、肺炎の疑いがあるとの診断を受け、治療のため入院した。入院の期間は1~2週間の予定。なお、加藤の家族、周囲の関係者の中で、現在、体調不良者がいるとの報告は受けていないとしている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年10月15日のニュース