佐藤九段 3連敗で挑戦権消滅「最後まであの王形を崩す方法が見つからなかった」

[ 2020年10月15日 05:30 ]

第70期王将戦 挑戦者決定リーグ

佐藤天彦九段
Photo By スポニチ

 将棋の第70期王将戦(スポーツニッポン新聞社、毎日新聞社主催)7番勝負で渡辺明王将(36)の対戦者を決める挑戦者決定リーグは14日、東京都渋谷区の将棋会館で1局を行い、羽生善治九段(50)が終盤の大逆転で佐藤天彦九段(32)を下した。リーグ成績は羽生が2戦2勝で豊島将之竜王(30)と並びトップ。佐藤は3戦全敗となり、挑戦権獲得の可能性が消滅した。

 投了を告げた佐藤は信じられないという表情で虚空を見つめていた。「終盤は少しいい局面であってほしかったんですが。先手王が特殊な形をしていて、最後まであの王形を崩す方法が見つからなかった」とがっくり。3連敗で挑戦者争いから完全脱落し「スタートがよくないとリーグ戦は苦しい。また気を取り直して頑張りたい」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年10月15日のニュース