西川貴教 今田耕司から「将来狙ってますやん、知事」 地元・滋賀での“職員”ぶりに

[ 2020年9月19日 12:01 ]

歌手の西川貴教
Photo By スポニチ

 T.M.Revolutionこと、歌手の西川貴教(50)が18日放送の日本テレビ「アナザースカイ2」(金曜後11・00)にゲスト出演。地元・滋賀県を訪問し、魅力をアピールするも、MCの今田耕司(54)から「将来狙ってますやん、知事」とツッコミが入る一幕があった。

 滋賀県初の観光大使になって12年。滋賀県庁を訪れ、「観光大使なので、観光課に帰属している形になっているので、結構頻繁に来てます」と西川。県庁のみならず、各市町村にも足を運んで、ノーギャラで精力的にPR活動を行っている。「地元の人が誇れる場所を作りたい」という思いから、主宰する音楽祭「イナズマロックフェス」も09年にスタートし、今年で12回目を迎える。「ちょっとでも地元のためになればうれしい」と笑顔を見せた。

 西川は「大都市じゃないので、税収も少ないですし、我々はこれから税収を増やしていくためにも観光だけじゃなくて、いろんな企業の誘致であったり、インフラの整備みたいなことも含めてしっかりと考えていきたいと思っております」とキッパリ。そんな完璧な“職員の顔”に女優の広瀬アリス(25)は「アーティストの顔ではなかった」とポツリ。今田も「将来狙ってますやん、知事。歌える知事」とツッコミが入り、西川は「違いますよ!」と慌てて否定した。

 そんな西川が地元での活動を始めるきっかけは3年前に他界した母の病。「(地元に)帰る理由を作るために仕事にしたというのが本音。(母が)病気してまして、母親の様子をみたいんだけど、なかなか休みくださいって言いづらいし、仕事作ろう!って始めた」と西川。「(イナズマロックフェスが)去年10周年だったので、それは見てほしかった」と悔しがりつつ、「亡くなるギリギリまで、車いすで見に来てくれていて。進行性の病気で、どんどん四肢が動かなくなってくるんですけど、そういう手で、いい大人になっている僕の頭をなでてくれる、それがご褒美みたいな」と懐かしんだ。

 県内の思い出の場所などをロケ。街中では「どうも」「みんな気を付けて」などと手を振り、握手する姿も。今田は「政治家やん 選挙活動中やん!」、広瀬も「手の振り方が…!」と次々にツッコんだ。

 ロケを終えた西川は「今までは家族が住んでる場所だったけど、全員家族。『我が西川王国へようそこ!』」とニヤリ。「自分が思った以上に地元が好きでした。本当に家族みたい」と笑う西川に、今田は「タスキなかっただけですもん」と最後までイジり倒した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年9月19日のニュース