マツコ「デラックス」になった理由明かす、「文字数が…」3つあった候補名も紹介

[ 2020年9月19日 21:31 ]

マツコ・デラックス
Photo By スポニチ

 タレントのマツコ・デラックス(47)が18日放送のテレビ朝日「マツコ&有吉 かりそめ天国」(金曜後8・00)に出演。芸名が「マツコ・デラックス」になった理由や、「デラックス」以外に3つあった候補名を明かした。

 番組中に“芸人の名前やコンビ名は出尽くしたか”という話になり、MCの有吉弘行(46)が「そもそもマツコ・デラックスもねえ」と振ると、マツコは「ひどい名前でしょ」と自虐気味に反応。

 「みんな(マツコ・デラックスは)凄く凝って付けた名前だと思っているんだけど、私『マツコ』ってニックネームでずっと呼ばれていたの。マツコだけだと少しシンプルすぎるなと思って、ちょっと豪華にしようと思って『デラックス』って付けただけなのよ。『マツコ』には愛着あるけど、『デラックス』には何の愛着もない」と語った。

 有吉が「EXでも良かったんだよね」と応じると、「全然いいよ。『マツコ・ロワイヤル』も考えた。ちょっとロイヤル感を出そうと…って、ロイヤル感出ねえよ!」と自身に突っ込みを入れつつ「あと『マツコ・インターナショナル』とか」と続けた。

 候補名を聞いた有吉が「ちょっと笑わせる、馬鹿にしているような感じでもいいってことだもんね」と反応すると、「そうそう。なんでもいいから『マツコ・ユニバーサル』もあって、最後にこの4つが候補に残った。『ユニバーサル』と『インターナショナル』は、もし私がテレビとかに出られるようになった時に、文字数が多すぎて申し訳ないなと思って」と“落選”理由を説明。残る2候補で「『ロワイヤル』は最後に“私ってそこまでの人間じゃない”って気が引けてね。消去法で『デラックス』が残ったのよ」と語った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年9月19日のニュース