屋良朝幸 コロナ逆手に“遠距離”舞台 共演・中山秀征は15年ぶりタップダンス挑戦

[ 2020年9月19日 05:00 ]

「Gang Showman」に出演する(前列左から)入野自由、玉野和紀、屋良朝幸、中山秀征、平野綾、(中列左から)中村浩大 (Jr.SP/ジャニーズJr.) 、妃海 風、花乃まりあ、(後列左から)松平和希、鯨井未呼斗
Photo By スポニチ

 俳優の屋良朝幸(37)主演舞台「Gang Showman」が18日、東京・シアタークリエで初日を迎えた。屋良は「万全の準備でお待ちしている。安心して来てください」と語った。コロナ禍での上演のために書き下ろされたオリジナル作品。主人公が潔癖症など、舞台上でソーシャルディスタンスを取ることが可能な演出が盛り込まれている。

 共演の中山秀征(53)は、15年ぶりにタップダンスに挑戦。2月から練習を重ねてきた。自粛期間には3カ月で300キロを走り、体力も万全。「あとは(振り付けを)忘れなければ踏める。忘れると、タップでなくて地団駄になってしまうので本番でどちらを踏むか注目して」とジョークを飛ばした。公演は同所で10月3日まで。千秋楽は有料配信される。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年9月19日のニュース