東国原英夫「人生をかけるような価値が宮崎にあったか?」「ない!!」元議員夫妻に嫉妬

[ 2020年9月19日 13:47 ]

東国原英夫
Photo By スポニチ

 元衆院議員でタレントの東国原英夫(63)が19日の関西テレビ「胸いっぱいサミット!」(土曜正午)で、浮気しても離婚されなかった元衆院議員の宮崎謙介氏(39)に嫉妬した。

 番組では「離婚するか心配やったけど、よう続いているな~」と思う著名人夫婦をランキングで紹介。宮崎氏は、妻で元衆院議員の金子恵美氏(42)の妊娠中に「ゲス不倫」が発覚して衆院議員を辞職。直後の選挙で金子氏も落選した。そんな夫妻は3位にランクインし、関西人からは「私やったら絶対許さへん!」などの声があがっているという。

 司会のハイヒール・リンゴ(59)は、金子氏について「でも(不倫発覚)当初から『許す』って言ってましたもんね。支援者は『許さない、許さない』って言ってる時にね」と振り返ると、東国原も「そう、それがね不思議でね」と首を傾げた。

 さらに東国原は「地元の人は、(金子氏の地元の)新潟4区の人は『離婚しなさい。離婚しなかったら次の選挙応援しませんよ』と。本当、次の選挙で落ちたからね」と説明。「それぐらい人生をかけるような価値が宮崎にあったか?って話です!」と問いかけ、宮崎氏の価値について「ない!!」と言い切った。

 興奮気味に声を荒らげたため、共演者は「何か嫌な事されたんすか、宮崎さんに?」と質問。東国原は、夫婦で同時間帯に別々のテレビ局に生出演するほどコメンテーターとして活躍する人気を紹介しながら、「夫婦で稼ぐようになった。その辺に嫉妬を感じて…」と本音!?を漏らした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年9月19日のニュース