本並健治氏、丸山桂里奈へのプロポーズは5、60回と明かす「だけど、なかなかOKもらえなかった」

[ 2020年9月19日 19:48 ]

本並健治氏
Photo By スポニチ

 元サッカー日本代表GK・本並健治氏(56)が、19日放送の読売テレビ「特盛!よしもと 今田・八光のおしゃべりジャングル」(土曜前11・55)にテレビ電話で生出演し、今月4日に結婚した元サッカー女子日本代表FWでタレントの丸山桂里奈(37)へのプロポーズについて語った。

 本並氏は丸山を女性として意識し始めたのは「今年に入ってから」と語り、逆に丸山が自分を意識しているな、とは丸山の選手時代から感じていたと明かした。交際を始めたのは、丸山から「『私たち付き合っているんだよね』と言われたんで『あっ、そうかな』と返事しました」と語った。

 プロポーズについては「ちょこちょこしていたんですけどね。5、60回。だけど、なかなかOKもらえなかった。なんかちょっと軽いとかって言われて…。普通にいすに座って横向いて『結婚しよう』っていう感じだったんで」と語ると、MCのお笑いタレント今田耕司(54)から「それはあきませんわ~。それは現役からモテてきたことの弊害が出てますわ」と突っ込まれていた。

 結婚を発表した時には丸山は「プロポーズは本並さんからです」とし、時期は「8月の中日です。中日というか“中の日”。最初でも後でもなく、中の日」と丸山節で説明していた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年9月19日のニュース