八嶋智人 渡哲也さんとの秘話 大きなシュークリーム2つ「ペロリでしょ?って」

[ 2020年9月19日 10:46 ]

八嶋智人
Photo By スポニチ

 俳優の八嶋智人(49)が19日放送のTBS系「サワコの朝」(土曜前7・30)に出演。先月10日に死去した俳優の渡哲也さん(享年78)との共演秘話を明かした。

 八嶋は渡さんとは「V6」の岡田准一(39)主演のテレビ朝日「反乱のボヤージュ」(2001年)で共演。八嶋は舞台となった学生寮の自治委員会委員長役で、渡さんは学生寮の舎監役だった。

 かつてあった石原プロワールド、石原裕次郎記念館に足を運び、石原軍団のメンバーと写真が撮れるというサービスで石原裕次郎さんと記念写真を撮影。共演時、それを持参し「渡さんに見せたんです」と八嶋。すると、渡さんは「わざわざ行ってくださってありがとうございます」という言葉とともに「渡哲也、ありがとうございます」とメッセージまで書き添えてくれたといい、八嶋は「失礼なことしちゃったかな、豪華だしなって、今、部屋に飾ってあります」と語った。

 撮影中も「その時、学生の委員長みたいな役だったので、何かと渡さんのお付きの方が『委員長、渡がお呼びです!』って。なんか楽屋行くと、コーヒーをいただいて、一緒にお話するっていう、貴重な時間を過ごしました。『今回、委員長は本当にみんなと我々の間に入ってくれてね』って、労いの言葉をずっとかけていただいて」と感謝した。

 さらに「(渡さんは)すごく若い人はお腹が減るだろうという考え方なんですね」と八嶋。「だから、シュークリームが現場に差し入れがあって、『委員長も若いから2個ぐらい食べるでしょ』って」と、中にびっちりクリームが入っていたシュークリームを2つ渡されたといい、「『2個ぐらいペロリでしょ?』って言われると、『そりゃ、そうですね、うまいですね』って…。午後の収録ずっと胃もたれしてるっていうのはありましたけど」と懐かしんだ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年9月19日のニュース