新型コロナ感染の山崎裕太が退院「無事に完治」医療従事者に「本当に感謝しかありません」

[ 2020年8月11日 15:57 ]

退院した山崎裕太
Photo By 提供写真

 7月23日に新型コロナウイルス感染が確認され、東京都内の病院に入院していた俳優の山崎裕太(39)が11日、退院したことを自身のツイッターで報告した。「熱が下がりにくかったため大事をとって療養していましたが、無事に完治し、本日ようやく退院いたしました」と明かした。

 「まず、ご心配をおかけしてしまい、申し訳ありませんでした。そして最前で戦っている医療従事者の方々を目の前で見ていて本当に感謝しかありません。ありがとうございました。思うことは他にも色々ありますが、皆さまもどうかお気をつけてお身体ご自愛ください」

 7月19日夜に倦怠感を覚えたが、20日に回復。しかし、22日夜に微熱があり、23日朝に38度に上がったため、同日夕に抗原検査を受けたところ、陽性が確認された。PCR検査は受けていないが、味覚異常もあることから感染したと診断された。

 山崎は「あっぱれさんま大先生」(フジテレビ系)など子役から活躍。ドラマ、映画、舞台と幅広く活動し、今秋にはNHK BSプレミアムのBS時代劇「赤ひげ3」(10月23日スタート、金曜後8・00)にレギュラー出演する。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年8月11日のニュース