コロナ感染の流れ星・ちゅうえい、発症時は「熱が上がる速度が異様に速かった。経験したことない」

[ 2020年8月11日 09:11 ]

「流れ星」のちゅうえい
Photo By スポニチ

 新型コロナウイルスに感染が判明したお笑いコンビ「流れ星」のちゅうえい(42)が11日、TBS「グッとラック!」(月~金曜前8・00)にVTR出演。発症までの経緯、現在の体調について語った。

 番組のリモート形式の取材に応えたちゅうえい。最初に異変を感じたのは5日の夜で「(日中は)都内でラジオの収録をしていた。その時は本当に何もなくて、終わって家に帰るときに“あれ?”と。帰ってから奥さんと子どもに“ちょっと体がだるいから別で寝るね”と言うくらい、だるくなっていた」と振り返った。

 体温はすぐに38.5度まで上昇。「熱が上がる速度が異様に速かった。経験したことない」と感じたことから、翌6日に病院を受診。PCR検査を受け、8日に陽性が判明したという。

 現在は体調は回復しており「ずっと平熱で、生活に何の支障もない。味覚も嗅覚もばっちり」と報告。しかし、普段から消毒ジェルを持ち歩くなど感染対策に気をつかっていたことを明かし「まず思ったのは“なんで?”ということ。マジで心当たりがない」と感染判明時の心境を語った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年8月11日のニュース