コロナ感染の流れ星ちゅうえい「熱も下がりまして症状も無いので全然大丈夫」 リモート生出演で現状報告

[ 2020年8月11日 15:00 ]

「流れ星」のちゅうえい
Photo By スポニチ

 新型コロナウイルス感染で自宅療養中のお笑いコンビ「流れ星」のちゅうえい(42)が11日、フジテレビ「直撃LIVE グッディ!」(月~金曜後1・45)にリモートで生出演した。

 現在は「今もう熱も下がりまして症状も無いので全然大丈夫です」と話しながら、PCR検査を受けた経緯を報告した。

 5日のラジオ収録後、最寄り駅で出迎えてくれた妻と長女と帰宅する途中に「ちょっとだけ体だるいな」と感じ、「家に着く時には、歩いて10分くらいだと思うんですけど、だるさがかなり強くなって。しんどいから別で寝るね」と別部屋で就寝。

 「1、2時間くらいで熱が38・5度まで上がりまして。次の日に病院に行きましてPCR検査を受けまして。次の日(7日)には熱が下がったんですよ。8日に陽性と言われました」と経過を明かした。

 発熱の予兆について「風邪ひく前って(体の)節々が痛いじゃないですか。節々というよりは本当に全身がだるい感じです。川とかプールで泳いだ後って全身がだるくなるじゃないですか。あの感じのだるさが来て、そこから体の節々が痛くなってきて熱が出るって順番」と説明。

 「7日に平熱に戻ってたので普通の風邪だなと思った」といい、「陰性なんだろうなと思ってたらまさかの陽性だったので自分が一番ビックリした」という。

 相方の瀧上伸一郎(41)、妻や長女、マネジャーら周囲の人たちは陰性。感染経路は「思い当たるところは本当にない。普通に仕事して、普通に生活していただけなので。それだけに怖いですね」と語った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年8月11日のニュース