地域発信映画「#放生津カンタータ」 舞台の富山・射水市で上映、NGTメンバーが出演

[ 2020年8月11日 18:23 ]

「海王丸映画祭2020」に出席した左から椿原愛、金森正晃監督、中井りか
Photo By 提供写真

 富山県射水市が舞台の地域発信映画「#放生津カンタータ」が8、9日の両日、同市の海王丸パーク駐車場で行われた「海王丸映画祭2020」ドライブインシアターで上映された。4月に「第12回沖縄国際映画祭」で公開予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で先送りとなっていた。

 射水市を舞台にした青春映画。のどかな漁師町に住む女子高生の古田那古(NGT48・三村妃乃)は高校卒業後に音楽の仕事に就くことを夢見て、東京へあこがれを抱いていた。そんな那古は高校3年の3学期、東京から来た転校生の大伴そら(NGT48・古舘葵)と出会う。那古はどんな人生を選んでいくのか。その姿が描かれる。ほかに、NGT48の中井りか(22)が合唱部の顧問役、グラビアでも人気のタレント椿原愛(28)がピアノ教師役で出演する。

 脚本も手掛けた金森正晃監督は「昨今のコロナ禍、皆さんに少しでも活力を感じていただけるような内容になっていると自負しております」とコメントした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年8月11日のニュース