さまぁ~ず三村の「バーガー入れ忘れ」被害 大竹が代わりにキレる「アホ野郎!」

[ 2020年8月11日 12:33 ]

さまぁ~ずの大竹一樹(左)、三村マサカズ
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「さまぁ~ず」三村マサカズ(53)が、10日深夜放送のテレビ朝日系「さまぁ~ずさまぁ~ず」(月曜深夜2・25)に出演し、ハンバーガー店を利用して2度連続で商品の入れ忘れに遭ったことを報告した。

 最初の“被害”は、家族4人で宅配サービスを通じて頼んだ「ボリュームのある」ハンバーガー店。妻がスマホで4つを注文したが、届いたハンバーガーは3つしかなかった。「バーガー3つとかは致命的なミスだよ、お店の。食事なしになるから。マスタードソース入れ忘れ、とかのレベルじゃない。これ食らったのよ」。それでも、「家のムードが悪くなるので収めた」という家長らしい配慮から、クレームを入れることなく、妻と1つのハンバーガーを半分ずつ食べて我慢したという。

 ところが、収録前日にもスタッフにハンバーガーを買いに行くよう頼んだところ、再び同じような出来事があったという。買いに行ったスタッフには、前回のトラブルを説明しつつ、「『この場でチェックさせてもらっていいですか?』と絶対やれ」と厳命。スタッフが店先で確認したところ、またしても1つ足りなかったようで、三村は「魚のバーガーが1個なかったんすよ!」と報告を受けたという。

 三村は「2回連続で、違う店舗で起きちゃった」と苦笑いし、「ハンバーガー屋さんでハンバーガーの入れ忘れは、お笑い芸人で例えると、笑いを取らないくらいのミスじゃん」と厳しく指摘した。宅配サービスについても、「今、誰のせいにしたらいいか分からないんだから。運び屋さんがいるから」と問題点を口にしていた。

 怒りを抑えながら話す三村に対し、相方の大竹一樹(52)が「『あと1万円もらいたい』と思わないやつ。『はい』って返事しながら何で俺に給料くれないのかなって言ってる…アホ野郎!しょうがない」と、代わりに店員にキレる一幕も。それを聞いた三村は「よかった。俺の代わりに怒ってくれて。そう言ってくれると俺の怒りが収まる」と感謝していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年8月11日のニュース