細川たかし 高安と新婚の杜このみに「カカア天下だと思う」、結婚報告にファン拍手

[ 2020年8月11日 19:38 ]

「TOKYO SAKE FESTIVAL」の開幕式典でライブを行った細川たかしと弟子の杜このみ。
Photo By スポニチ

 演歌歌手の細川たかし(70)が11日、東京・新宿で開幕した日本酒イベント「TOKYO SAKE FESTIVAL」の開幕式典に登場した。「コロナに負けないように頑張って参りましょう。おいしい日本酒を世界に広められるように盛り上げたい」とあいさつした。

 弟子の杜このみ(31)とともに広報大使・アンバサダーを務めており、2人でミニライブを開催。杜は7月に大相撲・元大関の高安(30)と結婚し、第1子を妊娠中であることを発表したばかり。細川は「赤ちゃんができたことが、今の一番おいしいお酒だね」と満面の笑み。夫妻が「男の子ならお相撲さん、女の子なら演歌歌手に」と話していることについて、細川は「どっちに生まれてももうかる」と笑わせつつ、「男なら小さい時から四股を踏んで、女ならコブシを回してればいい」と元気に育つことを願った。また、夫妻について「高安はおとなしいから、このみが尻にしいてるんじゃないかな。雰囲気を見てると、カカア天下だと思うよ」と明かした。

 杜は久々にファンの前で歌唱し、「人妻になりました」と結婚を報告。大きな拍手を浴びた。札幌の実家が酒店とあって、イベントにぴったりの存在。だが、本人は下戸で「一滴も飲めないんです。酒は飲むものではなく、売るものだと聞いて育てられました」と話し、笑いを誘った。

 ミニライブでは、2人で細川のヒット曲「浪花節だよ人生は」をデュエットしたほか、細川は「北酒場」「矢切の渡し」の代表曲に加えて、イベントのテーマ曲である「2020イヨマンテの夜」を歌唱した。杜も新曲「郷愁おけさ」などを披露した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年8月11日のニュース