上沼恵美子、冠ラジオ共演芸人の対応力絶賛 本番中は「演じてますから。無礼講」

[ 2020年7月6日 16:29 ]

タレントの上沼恵美子
Photo By スポニチ

 タレント上沼恵美子(65)が6日、パーソナリティーを務めるABCラジオ「上沼恵美子のこころ晴天」(月曜正午)に生出演。隔週レギュラーを務めるお笑いコンビ「シャンプーハット」のてつじ(44)の腕前を評価した。

 「本番中は芝居というか、演じてますから。無礼講だと思う。本番中に私のことを『おばはん』って言ってもかまへん。話の流れとして。本番とはそういうもん。そういう姿勢で仕事を40何年やっております」と仕事に対する姿勢を明かした上沼。

 6月29日放送の同番組の中で、てつじ(44)と「食パン」をめぐり、議論を交わし合っていたが「てっちゃんと私のやりとりキワキワで心配されていると思うんですが、てつじくんには力がある。投げたボールを、また投げて返してきよるから、おもしろいトークになるんです」と、てつじの対応力を絶賛した。

 その後は「若い時からこういう姿勢でやってますから、みなさんご心配なく。本番中は“お仕事”でございます」と繰り返し主張していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年7月6日のニュース