橋下氏 コロナ専門家会議記録は「全部公開されるらしいです」安倍首相からの直接確約明かす

[ 2020年7月6日 16:08 ]

元大阪府知事で弁護士の橋下徹氏
Photo By スポニチ

 元大阪府知事で弁護士の橋下徹氏(51)が6日、TBS系「グッとラック!」(月~金曜前8・00)にリモートで生出演し、政府の新型コロナウイルス感染症への対策を検討する専門家会議の議事録が残っていないとされている問題について語った。

 政府は新型コロナ感染症を「歴史的緊急事態」に指定したが、議事録については、発言者の明示などが適切にされていないことが野党などから指摘されていた。

 番組には、政治や社会への疑問や不満を主張する沖縄の地方芸人「せやろがいおじさん」がVTR出演し、この問題に言及した。これに対し橋下氏は、「電子データとして全部(記録を)残すのは大賛成」と私見を語った。

 橋下氏はその上で、議事録問題について安倍晋三首相と交わした会話の一部を明かした。「『議事録を全部残すべきだ』と安倍さんに直接言いましたら、僕の方に誤解があったのが、残っているらしいんです。『音声記録は全部残っていて、これは公文書管理官の方に移す』と。だから、全部公開されるらしいんです」と説明。「専門家会議のああいう話は残した上で、即時に公開してもらいたいと思う」と個人的な意見を述べつつ、「安倍さんの考え方は『もうちょっと後でちゃんと公開しますから』と」と話していた。

 それを聞いた落語家・立川志らく(56)は「そういう話を聞くと、せやろがいおじさんの主張も分かるけど、それに対して『こうなんだ』という人がいないとね、徹底的に野党を応援する番組になっちゃうからね」と納得していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年7月6日のニュース