「24時間テレビ」チャリティーマラソンは実施せず イノッチ「何かチャレンジできることがあれば」

[ 2020年7月6日 09:42 ]

日本テレビ社屋
Photo By スポニチ

 来月22、23日の開催が発表された日本テレビの恒例チャリティー番組「24時間テレビ」のメインパーソナリティーの5人が決定し、そのキャプテンをV6の井ノ原快彦(44)が務めることが6日、分かった。同日放送の「スッキリ」(月~金曜前8・00)に井ノ原が生出演し、明らかにした。恒例のマラソンは実施しないことも併せて発表した。

 井ノ原はマラソンについて「さすがに難しいですよおね。公道を使ってっていうのが…人が集まって、それが今まですごい応援になっていたと思うんですけど」と説明し、「なにかできるかどうか、これから話し合いです」「何かチャレンジできることがあれば。密にならない状態でやりたいなと考えています」と、違った形でなにかできないか模索していることを明かした。

 この日放送の「ZIP!」(月~金曜前5・50)では、同局の水ト麻美アナウンサー(33)が出演し、8月22、23日に放送することを発表していた。会場は両国国技館。新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、無観客での開催とし、井ノ原が「今回はキャッシュレス募金になります」と説明した。

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、大規模イベントの開催の見通しがつかない中、「24時間テレビ」開催の有無に注目が集まっていたが、同局は5月28日に「今年の24時間テレビは、新型コロナウイルス感染に対する安全面に配慮した上で、内容を工夫して放送を予定しています」と開催を明言。開催時期、開催場所、パーソナリティー、恒例のマラソンの実施の有無は「番組の詳細に関しましては、日々刻々と変化する状況に対応するべく検討してまいります」としていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年7月6日のニュース