“キング・オブ・ヨーデル”ウィリー沖山さん死去、87歳 「スイスの娘」、テレビでも活躍

[ 2020年7月6日 04:00 ]

歌手・ウィリー沖山さん
Photo By 提供写真

 “キング・オブ・ヨーデル”として一世を風靡(ふうび)した歌手・ウィリー沖山(おきやま)さんが6月28日に老衰のため死去したことが6日、分かった。87歳。葬儀は近親者のみによる密葬で執り行われた。

 ウィリー沖山さんは1933年2月25日、横浜で米国人と日本人女性との間に生まれる。学生の頃からプロとして活躍し、日本全国の進駐軍キャンプをまわって美声を披露していた。その時にヨーデルと出合い、独学でマスター。抜群の歌唱力と発音の良さを買われ、ビクターよりヨーデルの名曲「スイスの娘」でレコードデビュー。音域の広さを生かし、ジャズ、カントリー、ポピュラー、シャンソン、ハワイアンと、そのレパートリーは多岐に渡り、各界で第一人者として活動した。

 85年頃からはテレビにも出演。「夜も一生けんめい。」「ときめき夢サウンド」など音楽番組をはじめ、「オレたちひょうきん族」や「さんまのからくりTV」などのバラエティー番組まで、さまざまなメディアで露出。近年もNHK「歌謡コンサート」やテレビ東京「木曜8時のコンサート」などに出演し、変わらぬ美声を披露していた。

 2014年8月、難病の膠原病(こうげんびょう)に倒れ、一時は体を動かすこともできず、咀嚼(そしゃく)機能障害の状態にまで陥った。その後、懸命のリハビリを経て、18年6月には復活コンサートを開くまでに快復し、ファンに元気な姿を見せていた。

 しかし、今年に入り、誤嚥(ごえん)性肺炎をきっかけに再び入退院を繰り返し、6月28日に老衰のため、息を引き取った。新型コロナウイルスへの感染はなかったという。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年7月6日のニュース