青嶋六段、179手の熱戦を制し2回戦進出 王将戦2次予選

[ 2020年7月6日 19:42 ]

王将戦2次予選2回戦に進出した青島未来六段
Photo By スポニチ

 将棋の第70期王将戦(スポーツニッポン新聞社、毎日新聞社主催)2次予選が6日、京都渋谷区の将棋会館で指され、青嶋未来六段(25)が179手で池永天志四段(27)を破り、2回戦に進出した。

 熱戦の軍配は青嶋に上がった。池永とは三段リーグでは2回対戦があったものの、公式戦では初手合い。「お互いにじっくりとした将棋を好むタイプなので、今局のように持久戦になるかなと予想していた」という。「終盤は負けになっていたと思うので、勝ちになったと思ったのは最後の最後だった。王将戦の二次予選は強豪棋士が多いので突破するのが大変。まずは1勝と思ってたので、なんとか達成できてよかった」とほっとした表情を見せた。

 2回戦では、三浦弘行九段と激突。「三浦九段とは1回対戦して負けている。今日の将棋も反省点が多かったので、しっかり反省して次につなげたい」と次戦を見据えた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年7月6日のニュース