東野幸治 「行列」収録を欠席 別番組スタッフがコロナ感染疑い 本人は「健康」

[ 2020年7月6日 05:30 ]

お笑いタレントの東野幸治
Photo By スポニチ

 タレント東野幸治(52)が5日、一緒に仕事をしたスタッフに新型コロナウイルス感染の疑いがあるため、日本テレビ「行列のできる法律相談所」(日曜後9・00)の収録を欠席した。同スタッフはPCR検査を受け、6日に結果が判明する。関係者によると、東野は濃厚接触者ではなく体調の異変もないが、局側の判断により出演を控えた。代役は坂上忍(53)が務めた。

 局によって対応が異なるため、この日放送のフジテレビ「ワイドナショー」には出演。同番組は事前収録で、東野は「(1日に)ゲームの生配信番組をやったんですけどスタッフの一人に高熱が出てPCR検査を受けた」と説明した。同スタッフとは接しておらず「吉本興業のガイドラインでは、僕は濃厚接触ではない」とし、自身の体調については「何の問題もなく至って健康です」と報告した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年7月6日のニュース